▲鉄道雑学研究所北広島支所トップ   ▲看板リスト
JR東日本の看板(その24)
JR東日本の看板。ひき続き仙台支社管内の駅に設置された駅名由来看板をご紹介します。

曽波神駅(石巻線) 佳景山駅(石巻線)
南東に位置する曽波神山。アイヌ語の「ソハ」に由来するこの山は、かつて付近が海であった時代、潮の満ち引きで大きさが変わっていたということです。 当駅南西に位置する佳景山は、標高92mながら、北上川、栗駒山、牡鹿半島などが望まれる「佳景の山」として知られています。
陸前稲井駅(石巻線) 有備館駅(陸羽東線)
付近の9村が合併して誕生した稲井村。井内岩で知られた井内を基に、豊作祈願で稲の字をあてたということです。 仙台藩の学問所として知られる有備館。その由来は「備え有れば憂いなし」という故事だとは意外でした。