▲鉄道雑学研究所北広島支所トップ   ▲跨線橋リスト
JR東日本の跨線橋(その5)
JR東日本の跨線橋。引き続き仙台支社各駅の跨線橋をご紹介します。

釜淵駅(奥羽本線) 及位駅(奥羽本線)
秋田支社の後三年、柳田などと同仕様の跨線橋です。当駅もJR初期まで秋田支社管内であり、おそらく同時期に整備されたものでしょう。 同じく旧秋田支社管内駅の跨線橋です。県境駅で若干の折り返し列車が設定されるためか、釜淵に比べると若干幅が広く確保されています。
泉田駅(奥羽本線) 涌谷駅(陸羽東線)
同じく、旧秋田支社管内駅の跨線橋です。ポリカーボネートの波板は汚れが目立ち、くたびれた雰囲気を強調しています。 昔ながらの古い跨線橋です。内装も木を使用していい雰囲気ですが、左右の壁で異なる窓の数が気になります。