▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
函館市交通部
かつて北海道の玄関口として繁栄した函館。基幹産業である造船、漁業の不振に加えて、航空輸送の大衆化と青函連絡船の廃止によりかつての繁栄はありませんが、依然として市街地を走るチンチン電車が健在です。
公営交通のご多分に漏れず赤字経営に悩まされ、現在は最盛期の6割程度の営業キロとなっていますが、南の末端区間を除いて6分間隔の高頻度運転で市民の足として親しまれており、徐々にではありますが超低床電車の導入や電停のバリアフリー化など設備面での近代化も進められています。
拠点都市としての機能はかなり低下していますが、観光地としての函館の人気は依然として底堅く、2016年の北海道新幹線開業により更なる観光客増が見込まれています。函館駅周辺では、ホテルの建設、改装ラッシュが続いており、チンチン電車もしばらくは観光客に奔走する日々が続きそうです。


駅名 読みがな 乗換
本線・大森線・湯の川線
湯の川 ゆのかわ  
湯の川温泉 ゆのかわおんせん  
函館アリーナ前NEW はこだてありーなまえ  
駒場車庫前 こまばしゃこまえ  
競馬場前 けいばじょうまえ  
深堀町 ふかぼりちょう  
柏木町 かしわぎちょう  
杉並町 すぎなみちょう  
五稜郭公園前修正 ごりょうかくこうえんまえ  
中央病院前 ちゅうおうびょういんまえ  
千代台 ちよがだい  
堀川町 ほりかわちょう  
昭和橋 しょうわばし  
千歳町 ちとせちょう  
新川町 しんかわちょう  
松風町 まつかぜちょう  
函館駅前修正 はこだてえきまえ 函館本線
市役所前 しやくしょまえ  
魚市場通 うおいちばどおり  
十字街 じゅうじがい 宝来・谷地頭線
末広町 すえひろちょう  
大町 おおまち  
函館どつく前 はこだてどっくまえ  
宝来・谷地頭線
十字街 じゅうじがい 本線・大森線・湯の川線
宝来町 ほうらいちょう  
青柳町 あおやぎちょう  
谷地頭 やちがしら  
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ