▲鉄道雑学研究所北広島支所トップ   ▲路線リスト   ▲北陸新幹線の駅リスト
新高岡 金沢
かなざわ
石川県金沢市
列車は砺波平野に別れを告げると、長大トンネルで県境を越えて終点の金沢に到着します。加賀百万石の流れを汲む伝統工芸、日本三大名園の一つ兼六園などで知られる、日本有数の観光都市で、新幹線開業により更なる観光客の増加が見込まれています。

高架の駅東口。巨大な鼓門の背後に控えるもてなしドームも完成後10年が経過し、賛否両論はありますが、古都金沢の顔としてすっかり定着したようです。
切符売場。指定席券売機が6台。開業後の窓口の混雑ぶりを見るに、もう1台増設されるのも時間の問題でしょうか。 オープンカウンター式のみどりの窓口。多数設置された窓口も、週末の夕刻は長蛇の列でごった返します。
改札口。改札機は5台。中2階には在来線との乗り換え改札口も設置されています。 ホームは2面4線。柱上部の飾りつけには金箔、ホームドアの色は加賀五彩が採用されるなど、古都金沢を全面に押しだしています。