▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
鹿島臨海鉄道
常磐線の水戸から、鹿島線の鹿島サッカースタジアムを結ぶ路線です。
国鉄末期に鉄建公団建設の北鹿島線を、第3セクターの鹿島臨海鉄道が引き継いだもので、同社としては、鹿島臨港線1983年に旅客輸送が廃止されてわずか1年半をおかずして旅客列車の復活となりました。
単線ながら線路は高規格で線形は良く、踏切は水戸駅付近のわずか2箇所しかなく、非電化ながら高い評定速度を誇っています。このように恵まれた路線ながら利用客は減少気味で、貨物輸送と合わせてようやく黒字というところにローカル鉄道路線の苦しい状況が如実に表れており、なんともやるせないところです。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
水戸 委託 鉄筋     常磐線
水郡線
東水戸 無人 なし          
常澄 無人 なし          
大洗 直営 鉄筋      
涸沼 委託 鉄筋          
鹿島旭 無人 なし          
徳宿 無人 なし          
新鉾田 直営 鉄筋          
北浦湖畔 無人 なし          
大洋 無人 なし          
鹿島灘 無人 なし          
鹿島大野 無人 鉄筋          
長者ヶ浜潮騒はまなす公園前 無人 なし          
荒野台 無人 なし          
鹿島サッカースタジアム 無人 なし         鹿島線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ