▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
男鹿線
奥羽本線の追分から男鹿を結ぶ路線です。
路線の大半はなまはげで知られる男鹿半島南部の平野部を進み、かつて日本二位の面積を誇った八郎潟干拓地南を過ぎて、周囲に山が迫ってくると終点の男鹿に到着します。
沿線には入道崎灯台、男鹿水族館や男鹿温泉といった有名観光地も立地しますが、いずれも当線からは遠く、観光客の利用はそれほど目立ちません。反面、県都秋田に直結する立地条件から通勤通学利用は多く、朝夕はローカル線には珍しい長大編成の列車が運行されています。
ローカル線としては珍しく男鹿から船川港までの貨物線が延びており、JR転換後も沿線の申川油田からの石油輸送が行われていましたが、2001年にタンクローリー輸送に転換され、同時に当線の貨物輸送も終焉を迎えています。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
追分 委託 木造         奥羽本線
出戸浜 無人 鉄筋          
上二田 無人 なし          
二田 委託 木造          
天王 無人 なし          
船越 委託 なし          
脇本 無人 木造          
羽立 無人 鉄筋          
男鹿 委託 木造          
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ