▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
小野田線
宇部線の居能から山陽本線の小野田と、途中の雀田から分岐して長門本山までを結ぶローカル線です。
沿線にもあるセメント町という地名が示すように、宇部線同様かつては石炭と石灰石の輸送で賑わった当線ですが、国鉄末期に貨物輸送は廃止となり、現在は短編成のワンマン列車が1〜2時間に1本程度、本山支線に至っては、単行電車が朝夕5往復運行されるのみという閑散ぶりです。
鉄道ファンの贔屓目にも、並行するバス路線の方が便数も多く、新幹線連絡路線でもない当線の状況は非常に厳しく、遠くない将来に廃止議論が俎上に上がる覚悟が必要かもしれません


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
居能 無人 鉄筋         宇部線
妻崎 無人 木造          
長門長沢 無人 なし          
雀田 委託 木造         本山支線
小野田港 無人 木造          
南小野田 無人 なし          
南中川 無人 木造          
目出 無人 鉄筋          
小野田 委託 鉄筋       山陽本線
本山支線
雀田 委託 木造          
浜河内 無人 なし          
長門本山 無人 なし          
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ