▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
由利高原鉄道
羽越本線の羽後本荘と矢島を結ぶ第三セクター路線です。
路線名の鳥海山ろく線が示すように、鳥海山麓の平野を進む地味な盲腸線ですが、元来は釜石−横手−本荘を結ぶ陸羽横断鉄道として計画された路線で、釜石線、北上線が陽の目を見たのに対して、昭和恐慌、戦争、度重なる水害により全通はならず、相方の横手−老方間は戦後段階的に廃止されています。
平成の大合併により現在は全線が由利本荘市に属していますが、かつては本荘市、由利町、矢島町の三自治体に分かれており、駅舎の整備具合などに旧自治体間で温度差が見られ、なかなか興味深いものがあります。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
羽後本荘 委託 鉄筋       羽越本線
薬師堂 無人 木造          
子吉 委託 木造          
鮎川 無人 木造          
黒沢 無人 なし          
曲沢 無人 なし          
前郷 直営 木造          
久保田 無人 なし          
西滝沢 無人 木造          
吉沢 無人 なし          
川辺 無人 木造          
矢島 直営 木造        
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ