▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
広島高速交通
広島を代表する繁華街本通から、広域公園前までを結ぶ新交通システム路線です。1994年に開催された広島アジア大会に合わせて開業し、以来、大会会場ともなった広島広域公園および、市西部丘陵地帯に広がる住宅団地へのアクセス路線として機能しています。
高度経済成長期以降人口が急増し、市内とのアクセスをほぼバスのみに依存していた安佐南区民にとっては待望久しい軌道系交通ですが、バス乗り継ぎによる運賃負担増が敬遠され、同時に整備されたバイパスにより渋滞が緩和されたこともあって、利用状況は見込みを大きく下回っており、西広島駅経由での環状線高層は残念ながら事実上凍結となっています。
個人的には毎年の帰省時に利用するのみですが、自分の中では半ば都市伝説的な存在であった新線が陽の目を見ることとなったのは、非常に感慨深いものがあります。願わくば10年開業が早ければ、通学時間が往復1時間節約できたはずで、それだけが残念でなりません。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
本通 直営 鉄筋         広電宇品線
県庁前 直営 鉄筋         広電本線
城北 無人 鉄筋          
新白島 直営 鉄筋         山陽本線
白島 無人 鉄筋          
牛田 無人 鉄筋          
不動院前 無人 鉄筋          
祇園新橋北 無人 鉄筋          
西原 無人 鉄筋          
中筋 直営 鉄筋          
古市 無人 鉄筋          
大町 直営 鉄筋         可部線
毘沙門台 無人 鉄筋          
安東 無人 鉄筋          
上安 直営 鉄筋          
高取 無人 鉄筋          
長楽寺 無人 鉄筋          
無人 鉄筋          
大原 無人 鉄筋          
伴中央 無人 鉄筋          
大塚 無人 鉄筋          
広域公園前 直営 鉄筋          
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ