▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
智頭急行
山陽本線の上郡から、姫新線の佐用を経由して因美線の智頭を結ぶ第三セクター路線です。
陰陽連絡線の一つとして計画され、工事が進められていた当線ですが、国鉄再建法のあおりを受けて一旦工事が中断となり、紆余曲折の末1994年に全線開業となりました。
開業直後の阪神・淡路大震災により初年度の売り上げが予想の1/10という大アクシデントに見舞われながら、京阪神から山陰東部への最短ルートという地の利も手伝い、その後の経営状況は良好で、東の北越急行と並んで最も成功した第三セクターとして取り上げられることもしばしばです。
高速道路の延伸という不安要素はありますが、現状の時間的な優位覆すものではなく、中長期的に安定経営が約束されたこの状況は、赤字に苦しむ大半の第三セクター路線からすればうらやましい限りでしょう。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
上郡修正 直営 鉄筋         山陽本線
苔縄 無人 鉄筋          
河野原円心 無人 鉄筋          
久崎 無人 なし          
佐用 委託 鉄筋         姫新線
平福 無人 木造          
石井 無人 木造          
宮本武蔵 無人 木造          
大原 委託 木造        
西粟倉 無人 鉄筋          
あわくら温泉 無人 鉄筋          
山郷 無人 なし          
恋山形 無人 なし          
智頭 直営 鉄筋         因美線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ