▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
江差線
道南の中心都市函館市の五稜郭から木古内までを結ぶ路線です。路線の中間に位置する木古内を境界として路線の性格は180度異なり、東側は海峡線、津軽線と併せて本州連絡の任務を担う重要路線として、本州連絡の特急列車はもとより、一日50本超の貨物列車が運行される物流の大動脈である一方、西側の木古内〜江差は単行のディーゼルカーが細々と行き来する超閑散ローカル線で、2014年5月に廃止となりました。残った東半分も2016年3月の北海道新幹線開業時に並行在来線としてJR北海道から経営分離され、ついに路線全体が廃止となりました。
木古内以東は第三セクター「道南いさりび鉄道」として再出発しましたが、本州連絡列車が廃止され、ローカル輸送もほとんど期待はできない現状では、貨物列車の通行料に依存した歪な経営を避けることはできず、さながら新幹線開業のツケを全て押し付けられた格好です。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
五稜郭 直営 木造   函館本線
七重浜 委託 鉄筋          
東久根別 無人 貨車          
久根別 無人 木造          
清川口 委託 鉄筋        
上磯 委託 鉄筋          
茂辺地 無人 木造          
渡島当別 無人 木造          
釜谷 委託 貨車          
泉沢 委託 木造          
札苅 委託 木造          
木古内 直営 鉄筋       海峡線
渡島鶴岡 無人 木造          
吉堀 無人 貨車          
神明 無人 なし          
湯ノ岱 直営 木造          
宮越 無人 木造          
桂岡 無人 貨車          
中須田 無人 貨車          
上ノ国 無人 木造          
江差 直営 鉄筋          
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ