▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
水島臨海鉄道
山陽本線倉敷駅に隣接する倉敷市から三菱自工前までを結ぶ第三セクター鉄道です。戦時中に開業した航空機製作所専用鉄道を起源とし、市営鉄道を経て1970年に現在の運営形態に移行しています。
元来の成り立ちから水島臨海工業地帯への貨物輸送が中心で、旅客輸送はおまけといった状況が続いていましたが、沿線人口の増加とともに新駅の設置や新型車両の導入といった旅客サービスが進められ、現在では運行本数も毎時2〜3本までに増加し、近郊路線への脱皮が図られています。
少子化などもあって、利用は横ばいから微減といった状況ですが、沿線に多数立地する工場への通勤利用など開拓の余地は十分に大きく、とかく厳しい状況が続く第三セクター鉄道にあっては珍しく、今後に期待が持てる路線の一つです。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
倉敷市 直営 鉄筋         山陽本線
伯備線
球場前 無人 なし          
西富井 無人 なし          
福井 無人 なし          
浦田 無人 なし          
弥生 無人 なし          
無人 鉄筋          
常盤 無人 なし          
水島 直営 鉄筋          
三菱自工前 無人 なし          
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ