▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
静岡鉄道
ともに静岡市内の新静岡から新清水まで、旧静岡、清水両市の中心市街地を結ぶ地方私鉄路線です。
ほぼ全線に亘って東海道本線と並行する当線は、旧来より静岡、清水の両都市圏および都市圏輸送に活躍してきました。
大手私鉄の中古車が幅を利かせる地方私鉄としては珍しく、25年以上前から全車両が自社発注の単一形式に統一されており、全車冷房化も昭和末期に完了するなど、旅客サービスの水準は高く、その一方で、早くからワンマン化や自動改札機の導入といった合理化策も導入し、低コストでのサービス水準維持に努めています。
国鉄末期からの東海道本線の輸送改善により往年のシェアはありませんが、ほぼ終日に亘って5〜6分間隔という高頻度運行を実現した姿は地方私鉄の優等生と呼ぶに相応しく、現在も沿線住民の足として重要な役割を担っています。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
新静岡 直営 鉄筋         東海道新幹線
東海道本線
日吉町 無人 鉄筋          
音羽町 無人 鉄筋          
春日町 無人 鉄筋          
柚木 無人 鉄筋          
長沼 無人 鉄筋         東海道本線
古庄 無人 鉄筋          
県総合運動場 無人 鉄筋          
県立美術館前 無人 鉄筋          
草薙 直営 鉄筋         東海道本線
御門台 無人 鉄筋          
狐ヶ崎 無人 鉄筋          
桜橋 無人 鉄筋          
入江岡 無人 鉄筋          
新清水 直営 鉄筋         東海道本線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ