▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
十和田観光電鉄
東北本線の三沢から十和田湖の東の玄関口である十和田市までを結ぶ路線です。
東北本線の駅前にあるレトロな駅を出発した列車は古牧温泉の西を進み、大曲を過ぎると方向を変えて、新渡戸稲造の祖父新渡戸傳により農地開発された三本木原台地を西に進みます。車両基地のある七百を過ぎてしばらくは農村地帯を進み、十和田市街に入る北里大学前あたりから人家が増え、市街中心の北に位置する十和田市に到着します。
地方私鉄の例に漏れず乗客の減少が激しく、車両こそ近代化されたものの駅までは手が回らないようで、ホームは傾いていないまでも旧態然とした設備が残っています。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
三沢 直営 木造       青い森鉄道
大曲 無人 なし           
柳沢 無人 なし          
七百 無人 木造          
古里 無人 なし          
三農校前 無人 なし          
高清水 無人 なし          
北里大学前 無人 なし          
工業高校前 無人 なし          
ひがし野団地 無人 なし          
十和田市 直営 鉄筋          
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ