▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
東京臨海高速鉄道
東京南東部のジャンクション新木場から山手線の大崎までを結ぶ路線です。高度経済成長期に貨物線として計画された旧京葉線の新木場〜東京貨物ターミナルの一部を大崎まで延長開業したもので、埼京線を経由して川越まで直通運転が行われています。
線名の通り沿線の大半は臨海部の埋立地で、国際展示場以東は首都高速湾岸線沿いの高架、以西は地下トンネルを進みます。
臨海副都心と世界都市博の旅客輸送に伴い鳴り物入りで開業した当路線も、部分開業時にはほとんど利用がなく、閑古鳥が鳴いていましたが、全線開業後は臨海副都心と東京都心の西部を結ぶ最短路線として利用が増加しています。
元来の成り立ちからか京葉線とはレールがつながっていますが、種々の事情から直通運転はされておらず、趣味的にも実用的にも非常に残念です。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
新木場 直営 鉄筋       京葉線
東京地下鉄有楽町線
東雲 直営 鉄筋        
国際展示場 直営 鉄筋          
東京テレポート 直営 鉄筋        
天王洲アイル 直営 鉄筋       東京モノレール
品川シーサイド 直営 鉄筋          
大井町 直営 鉄筋       東海道本線
東急大井町線
大崎 委託 鉄筋     山手線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ