▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
石勝線
石勝線は二つの顔を持つ路線です
ひとつは、夕張炭田の石炭積み出しに栄華を誇った旧夕張線区間(追分〜夕張)で、もうひとつは、道東への所要時間短縮を目的に鉄道公団によって建設された区間(南千歳〜追分、新夕張〜新得)です。前者はかつて多くの貨物線が分岐し、大変な賑わいを見せていましたが、今ではほとんど単行の気動車が行き来する超閑散路線となっています。北海道の屋根をぶち抜く後者は特急が頻繁に行き来し、今やJR北海道のドル箱路線としての地位を不動としています。特に冬季の長大編成が行き来する様子はまさに鉄道の面目躍如という感がします。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
本線
南千歳 直営 鉄筋     千歳線
追分 直営 鉄筋         室蘭本線
川端 無人 木造          
滝ノ上 無人 木造          
新夕張 直営 鉄筋         夕張支線
占冠 委託 鉄筋          
トマム 無人 鉄筋          
新得 直営 鉄筋     根室本線
 
夕張支線
新夕張 直営 鉄筋         本線
沼ノ沢 無人 木造          
南清水沢 委託 木造          
清水沢 無人 木造          
鹿ノ谷 無人 木造          
夕張 無人 鉄筋          
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ