▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
田沢湖線
東北本線の盛岡から奥羽山脈を貫いて奥羽本線の大曲までを結ぶ路線です。
元来は軽便鉄道として大正時代に敷設された橋場線、生保内線を起源とし、昭和に入って両線を結ぶ工事が開始されたものの、戦争の激化による工事の中止と一部区間の休止により、一旦は全通の夢も絶たれたかに見えました。
戦後再び工事が開始され、1966年に念願かなって全通となった後は、東北新幹線開業による秋田連絡ルートとしての電化、標準軌への改軌といった大改良が行われ、東京直通のいわゆる秋田新幹線列車が毎時1本以上運行される主要幹線へと変貌を遂げています。
一方でローカル輸送は低調であり、県境の赤渕〜田沢湖は20km近くに亘って無人の山中を行き、列車本数もわずか5.5往復という超閑散路線となっています。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
盛岡 直営 鉄筋   東北新幹線
東北本線

山田線
IGRいわて銀河鉄道
大釜 委託 鉄筋          
小岩井 直営 木造          
雫石 直営 鉄筋          
春木場 無人 なし          
赤渕 無人 なし          
田沢湖 直営 鉄筋        
刺巻 無人 鉄筋          
神代 無人 鉄筋          
生田 無人 なし          
角館 直営 鉄筋       秋田内陸縦貫鉄道
鶯野 無人 なし          
羽後長野 委託 鉄筋          
鑓見内 無人 なし          
羽後四ツ屋 無人 鉄筋          
北大曲 無人 なし          
大曲 直営 鉄筋       奥羽本線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ