▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
加古川線
山陽本線の加古川から福知山線の谷川までを結ぶローカル線です。
新装なった高架の加古川を出た列車は加古川に沿って播州平野を進みます。車両基地のある厄神で約半数の列車が折返しとなり、その後は加古川右岸の農村地帯を長閑に進みます。かつて鍛冶屋線が分岐した西脇市からは1両の列車が行き来するのみの超閑散路線となり、そのまま谷川へと滑り込みます。
沿線人口はそれほど少なくはありませんが、加古川の水運代替を目的として敷設され、市街地中心からは大きく外れていたために利用客は少なく、旧国鉄時代に分岐していた4本の支線はいずれも廃止、転換されています。阪神大震災後に電化されましたが、ダイヤ自体はむしろ後退した感が否めず、新装された駅舎が寂しげに佇んでいます。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
加古川 直営 鉄筋   山陽本線
日岡 無人 木造          
神野 委託 鉄筋          
厄神 委託 鉄筋          
市場 無人 木造          
小野町 無人 木造          
粟生 委託 鉄筋         神戸電鉄粟生線
北条鉄道
河合西 無人 木造          
青野ヶ原 無人 木造          
社町 無人 木造          
滝野 無人 鉄筋          
無人 なし          
西脇市 委託 木造          
新西脇 無人 木造          
比延 無人 木造          
日本へそ公園 無人 なし          
黒田庄 無人 木造          
本黒田 無人 木造          
船町口 無人 鉄筋          
久下村 無人 木造          
谷川 委託 木造       福知山線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ