▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
吉備線
山陽本線の岡山と伯備線の総社を結ぶローカル線です。
津山線と同じく中国鉄道によって開業し、以来100年以上の歴史を誇る当線ですが、当初は高梁川の舟運と岡山を連絡する目的で建設され、終着駅も高梁川ほとりの湛井に設置されましたが、伯備線の開業に合わせて現ルートに変更され、戦時中に国有化されています。
政令指定都市岡山の近郊路線だけあって利用客は少なくなく、特に朝夕のラッシュ時は相当の混雑となっていますが、残念ながら低落傾向にあることは否めず、LRT化による岡山電軌軌道との相互乗り入れ構想などの活性化策も検討されています。
経営主体の問題はありますが、ラッシュ時の混雑対策が解決されれば、市街地中心部への直通ルートとしてメリットは大きく、個人的には十分検討に値するように思われるのですが...。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
岡山 直営 鉄筋   山陽新幹線
山陽本線
宇野線
津山線
岡山電気軌道
備前三門 無人 なし          
大安寺 無人 なし          
備前一宮 無人 鉄筋          
吉備津 無人 鉄筋          
備中高松 委託 鉄筋          
足守 無人 なし          
服部 無人 鉄筋        
東総社 無人 鉄筋          
総社 直営 鉄筋         伯備線
井原鉄道
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ