▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ
宇野線・本四備讃線
山陽本線の岡山から宇野と、途中の茶屋町から分岐して宇多津までの、本州と新旧2つの四国の玄関口を結ぶ路線です。
岡山を出た列車は、高架で市街地を進んだ後、地平に下りて田園地帯を宇野まで旧児島湾の海岸線沿いに反時計回りに進みます。かつて四国連絡の重責を担った幹線らしく各駅の有効長は長く、JR化後の改良により複線区間も増えてはいますが、特急・快速列車が頻繁に行き交う現状では基本単線の岡山〜茶屋町が運行上の大きなネックとなっています。
対照的に本四備讃線は全線高架の複線電化ですが、騒音対策による速度制限や強風時の対応など問題も多く、今後に課題を残しています。


駅名 営業形態 駅舎 売店等 乗換
売店 蕎麦 駅弁 その他
宇野線     
岡山 直営 鉄筋   山陽新幹線
山陽本線
吉備線
津山線
岡山電気軌道
大元 委託 鉄筋          
備前西市 無人 なし          
妹尾 直営 鉄筋          
備中箕島 無人 なし          
早島 委託 木造          
久々原 無人 なし          
茶屋町 直営 鉄筋       本四備讃線
彦崎 無人 なし          
備前片岡 無人 なし          
迫川 無人 なし          
常山 無人 なし          
八浜 無人 なし          
備前田井 無人 なし          
宇野 直営 鉄筋        
本四備讃線
茶屋町 直営 鉄筋       宇野線
植松 無人 なし          
木見 無人 なし          
上の町 無人 なし          
児島 直営 鉄筋        
宇多津 直営 鉄筋       予讃線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
▲鉄道雑学研究所北広島支所トップへ ▲路線INDEXへ